ホームへ戻る



教育方針

学校教育目標

 自ら求めて学び、たくましく、心豊かな児童の育成
  

経営方針

    変化の激しい社会において、将来にわたってたくましく生き抜くことができる知・徳・体のバランスのとれた子どもを育成するため、
   その基礎・基本となる力を確実に身に付けさせる学校経営を推進する。
    また、全教職員が健康で協働の精神をもち、家庭・地域と連携して生き生きとした学校づくりを展開する。
    さらに、学校課題を明らかにし、挑戦する気持ちを大切に創意工夫して取り組むことで課題の解決(克服)を目指す。

子ども像

−きりっとした子ども−
  1 よく考える子ども<きりっとした知性>
・夢をもち、夢に向かって学習にはげむ子ども
・自分の考えをはっきり表現する子ども
・意欲的に、あきらめずに学習する子ども
  
2 思いやりのある子ども<きりっとした心情>
・礼儀正しく、気持のよいあいさつができる子ども
・善悪の判断ができ、いじめをしない子ども
・いたわりの気持ちをもち、助け合うことができる子ども
  
3 たくましい子ども<きりっとした身体>
・健康のため、バランスよく食べる子ども
・意欲的に運動し、元気に活動する子ども
・あきらめない心を我慢する心をもった子ども


学校像
 
  
1 生き生きと活気あふれる学校
  2 基礎・基本を大切にいし、確かな学力を育む学校
  3 子どもが心身ともに健やかに育つ学校
  4 保護者、地域と連携し、信頼される学校


教職員像

  1 率先垂範で生き生きと実践する教師
  2 使命感と情熱に燃え、子どもを認め・ほめ・叱り・励ます教師
  3 人間的な温かさと、豊かな教養を身に付けた教師



  home